ご案内

「DAVICS2 映像つくるヒトのSNS」オープン!

2010/12/20

12/25、本日オープンにこぎつけました。テスト運用中に約150名のメンバーに登録していただき、コミュニケーションもはじまってます。

ここ数年で映像づくりの状況は劇的に変わりました。プロやセミプロだけでなく、普通の人が普通に映像をつくりコミュニケーションする時代です。「映像づくりについての知識とノウハウを共有しよう」というのが「DAVICS2 映像つくるヒトのSNS」の理念です。

mixiがさまざまな人種を抱えた巨大都市とすると、 DAVICS2は同じ興味を持った人々が仲良く過ごす小さくて居心地のいいリゾートタウンをめざします。プロフェッショナルもアマチュアも、映像づくりがはじめての人も「映像をつくる」という興味を持っている方は誰でも歓迎です。
実のところ、すごいプロモーションもしてないのに、これほどのメンバーに集まってもらえるとは思っていなかった。しかも、クローズドで内部の見えないSNSなのだが、登録後脱退していった人がほとんどいない。ということは、なにがしかの期待感を持ってくれているのだろう。

私としては、このブログで語ってきたような映像文化への視点を、このSNSでのコミュニケーションの中で実現していけるといいなあ、と思っている。

たとえばはじめて楽器を買ったとする。そうしたら、すぐには使いこなせないので、教科書を買ったり音楽教室などに通ったりするだろう。ところが、ビデオカメラを買っても、すぐにカルチャースクールの映像教室に行ったりする人はまれだと思う。とりあえずマニュアルはついているが、それはカメラの操作についてのマニュアルであって、映像のつくり方に関するマニュアルではない。

こういうSNSがその映像教室の代わりになるといいな、と思っている。ビデオカメラを買うと、映像つくるヒトのSNSの招待状がついてくる、みたいな。単にコミュニケーションを楽しむのではなく、お互いに知識やノウハウを交換し合ってよりよい映像生活をつづけるためのひとつのきっかけとして。

もちろん、プロにとってはより切実な困ったときの駆け込み寺、あるいはビジネス的出会い系にもなってほしい。

いろいろな問題もかかえつつの船出だが、とりあえずは空船でなくてよかった。

-ご案内
-