コンテンツ評論 テレビ番組評 映画・DVD評(邦画)

「ROOKIES」を全部みた

2010/12/11

ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]
ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]

posted with amazlet at 09.12.31
TCエンタテインメント (2009-12-04)
売り上げランキング: 36
おすすめ度の平均: 3.0

1 浅い
5 入り込めない奴は観ないほうが良い…
3 ドラマやニコ学を好きな人が好きだろう映画でした。
4 ラストが感動的!
1 つまらない

年末のテレビは総集編ばかりでつまらないが、時に過去の人気ドラマを一挙に再放送していたりする。今年はこのドラマを一挙再放送していたので、録画して一挙にみた。そして、映画版もみてしまった。

不良ばかりの高校野球部を熱血教師が立て直し、甲子園をめざさせる話。話としては昔からある熱血スポーツ青春ものであって、私の年代なら「青春シリーズ」などが思い出される。ただ昔は不良生徒というのはごく一部であったのが、本作では野球部のメンバーがほとんど不良であるというのがヤンキー映画ばやりの今風といえるだろうか。ちなみに野球部が舞台ではないが、不良生徒と熱血教師というのは「ごくせん」などにも酷似している。

原作のマンガは知らないのだが、ドラマ・映画は基本野球部を舞台にした青春ドラマであって、野球ドラマではないと思う。野球ファンとしては、もうちょっと野球の技術的な部分も重視してほしかったと思う。

たとえば、ドラマも映画もクライマックスの試合は逆転満塁ホームランで試合が決まる。やや子供っぽく感じてしまうわけである。高校生の試合とはいえ、そう簡単に重要な局面でホームランは出るものではない。

野球というスポーツは、チームプレー効果的な場面がある。たとえば「つなぎの攻撃」や「打たせて捕るピッチング」など。これらは仲間を信頼することにもつながり、こうした青春ドラマのテーマにぴったりなのだ。もうちょっとそういうプレーを盛り込んでほしかったという気がする。

-コンテンツ評論, テレビ番組評, 映画・DVD評(邦画)
-, , , , ,