コンテンツの育て方

映画料金を自由化したら?

2010/12/08

ふと思いついたことに過ぎないが、映画料金というのはずいぶん長い間変わっていないような気がする。だいたいどんな映画でもロードショー館で見ると、大人1800円だろう。
世はデフレである。ジーンズが1000円以下で買える時代に映画だけは均一料金というのはなぜだろう?
映画の内容だってまちまちだ。掛けている予算だってそれぞれである。なぜどの映画でも同じ料金を払わねばならないのか?
たいした内容ではないが500円なら払ってもいいという映画もあるだろう。3000円くらい払う価値のある映画もあるはずだ。
常に均一料金を前提にした興業体制より、500円くらいの低価格を前提に低コスト低収入が許される体制のほうが若手クリエイターの能力開発に効果的な気がするのだが。

-コンテンツの育て方
-,