コンテンツの育て方

テレビのコンテンツにおける「質」とは

2010/12/08

テレビ番組の質の低下が目立つ。

ドラマとか一部のドキュメンタリー作品はまだ質にこだわる面が見られるが、その他の番組は報道なども含めて、見るに耐える映像がなくなってしまった、と言ってもいい。

テレビ番組というコンテンツは、それでも成り立つ面がある。昔から、映像そのものよりも、ネタで勝負、という面があったからだ。見るに堪えない映像であっても、コンテンツの内容さえ面白いものであれば、受けるのである。

いい話が、投稿ビデオものだ。一般視聴者の撮ったハプニング映像のほうが、プロが作ったコンテンツより受けることがある。

昔は、それでもプロが作ったもののほうが打率がよかったはずだが、今や逆転してしまった。YouTubeなどの普及もあるのかもしれない。

コンテンツの面白さという点では、アマチュアもプロも、もはや同じ土俵にあるような気がする。

ならば、番組づくりの「プロ」はどこで頑張ってくれるのだろう、とテレビについては一視聴者でしかない私は想うのである。

-コンテンツの育て方
-